Windows10 Ver1909から20H2にアップデートしました

こんばんは、しののめです。
縮小運営中ですが、相変わらずWindows10の大型アップデート関係記事だけがものすごく見られているみたいなので一応綴っておきます。

こんばんは、最近なにかと忙しすぎて時間がほしいしののめです。 常に急いで仕事してるせいか今日中々ひどいミスをしました……先方は穏やか...

詳しいことは上の記事を見ていただきたいのですが、私が所持しているWindows10マシン7台はすべてVer1909止まりで、2004は配信されませんでした。

こんばんは、しののめです。ひと月ほど前に2004が降ってこないと書いたばかりですがメイン機に20H2が降ってきました。 (見ての通り...

その後メイン機にWindowsUpdate経由で20H2が降ってきました。不具合があるようなので、先にトラブっても大丈夫なノートPCを更新したかったのですが11月17日時点で配信されているのはメイン機のみ。
もういいかーってことでメイン機をアップデートしました。

Ver1909から飛び越える形ですが、特に何事もなく更新できました。
かかった時間はインストールボタンを押してからログイン画面が表示されるまでで55分でした。
まぁこれはPCのスペックや回線状況によって変わると思うのであまり参考にしないでください(SSD&約200Mbpsの有線です)

不具合らしいものは今のところありません。今までのメジャーアップデートだとリセットされていた高速スタートアップの設定もそのままでした。
wmpのコーデック、一部のファイルの関連付けが解除されたくらいですね。

2004から追加されたらしいタスクマネージャーのストレージ種別&GPU温度表示は地味に便利ですね。欲を言えばCPU温度も追加してほしいです。
残りのPCたち……とくにサブPCにも降ってきてくれると言うことないんですが、いつになるんでしょうね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする