【交換4度目】初めてのOCメモリに交換!その結果…?

こんにちは。しののめです。色々ありましてお仕事募集を停止しました。ちょっとね、すごいお話をいただいてしまいまして。まだ始まったばかりなんですけど、良いお知らせができるようがんばります!

そしてブログサボってる間にまたまたメイン機のメモリを買いました!メイン機は組み立て当初からメモリ周りでものすごく手を焼いていて、すでに何度もメモリ交換しておりなんと4セット目です。なんでそんなに買い替えているのか簡単に経緯をまとめるので、興味のない方はこちらへ飛んでください。

メイン機のメモリ史

もともとはマザーやCPUとセットで購入したCFDさんが販売するこちらのメモリ16GBを使っていました。

が、最初から認識が不安定で事あるごとにメモリ認識エラービープが発生。グラボをRTX2060に交換すると完全に認識しなくなりました。

結局これは私の差し込み不良だった疑惑が濃厚(この前組んだ3500マシンでは普通に使えてるため)なんですが、このときはメモリの不良を疑いコルセアさんのメモリに交換。

何事もなく認識するようになり、XMP読み込んで2666で使えていました。

その後メモリ不足エラーが出るようになったので全く同じものを購入して8GBx4の32GBに増設。しかしビープが鳴って起動しなかったり、なんとかOS起動してもブルースクリーン頻発したりで4枚使用は一旦諦めます。

メモリ不足エラー問題はどんどん深刻化。仕事にならなくて本気で頭を悩ませていたんですが

Windows10でメモリ16GB搭載しているのに9.5GBしか使えない!という問題の原因と解決法に関するメモです。

エラーの原因が判明しました。同時に16GBじゃ足りていないとわかり、4枚に戻します。安定性を取ってAUTOの2133で試してみたらあっさり起動。その後も安定していたので、しばらくはこの状態でした。

でも最近、やっぱり2133じゃ遅いよなぁと思うようになりまして。試しに2666に戻してみたんですよ。そしたら安定のビープですよ。何度か再起動してBIOSまではいったんですが、これはむりだなぁと、結局2133に戻しました。

調べてみると、第二世代より前のRyzenはメモリ本数が増えるほど速度が落ちる(=速い速度で動作できなくなる)仕様だったんですね。Zen2では大分改善したようですが。その点intelCPUは元々の速度が速いのでメモリ周りは安定しているとか。うーん知らないことが多いです。

本題:OCメモリを買う

こうなるともう16GB2枚にするしかないな!と、4セット目の購入に踏み切りました。

散々悩みまくった末購入したのはこちら。G.SKILLさんのF4-3200C16D-32GSXWB。DDR4-3200のOCメモリですね。楽天市場内のパソコン工房さんで税込み送料込み18,533円でした。

実はドスパラさんの公式通販ならもっと速い3600の32GBが17,000円くらいで買えたんですが、お買い物マラソン中だったのでポイント欲しさに…(汗)これを選んだ理由は「同じマザーでの動作報告があった」のと、「2700Xでの動作報告があった」からです。ただし同じマザーの方は3700X使用、2700Xの方はマザー不明…でもこのSniper X シリーズはRyzenと相性がいいそうで、第2世代&B450マザーでの動作報告も多数見つけました。

正直2666で安定動作してくれたら十分なんですが、最近メモリも高騰してきていますし、最悪動かなくてもサブ機で使えばいいじゃないか!と、勢いだけで3200を購入(3600は第3世代でも動かない場合ありとのこと)。

届いて早速交換しました。ただ、なぜかしっかりとハマりません。いやハマってはいるはずなんですけど、ラッチが自動で上がらないんです。ヒートシンクが干渉してるわけでもなく…うーむなぜだ?と思いつつ、しょうがなく自分でラッチを上げて起動確認。

なんとなくだめじゃないかな、と思ったんですが、まったく問題なくBIOSに入れました。起動直後は速度はAUTOで2133動作(前のメモリから引き継ぎ?)、プロファイルは3200用のひとつだけのようです。いきなり3200は危ない気がしたのでXMPを読み込ませた状態でクロックを2666に設定しました(=タイミングや電圧は3200用のまま)。こちらもまったく問題なかったので、ちょっと欲を出して2933にあげてみることに。個人的にはここで安定してくれたら嬉しいなと思ってます。

この状態でファイナルファンタジーXIV(FF14)漆黒の反逆者ベンチマークを回してみました。負荷テストですね。

その結果がこちらですよ。目を疑うレベルで伸びてる!!

これがたぶん2133の時?です。メモリクロックでこんなに変わるんですね。びっくりです。

フレームレートでも差が出ていました。同じSATASSDなのにローディングタイムも若干速くなっているのは…たぶん誤差だと思います。まったく同じ環境でも測るたびにばらつきがあったので。

一方 FINAL FANTASY XV(FF15) WINDOWS EDITION ベンチマークではそれほど大きな変化はなかったです。

こちらが2933。

こちらが2133。メモリクロックの影響が出やすいか否かはゲームによるんですね(FF15はCPUがボトルネックになってるっぽいのであまり影響ないのかもしれません)。

3200にしたらもっと伸びると思うんですけど、私はガチゲーマーではなくそもそもこれ仕事用PCなので安定性重視!というわけで2933でもう少し様子を見たいと思います。

進展があったら報告します。以上です!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする