サブ機用に新グラボを試す!【GeForce GTX 1660 SUPER】

真夜中にこんばんは! 最近ちょっと更新をがんばってるしののめです。

早速ですがサブ機用ビデオカードが届きました~! タイトルでネタバレしちゃってますが、買ったのはこちらです。

はい、玄人志向さんのGeForce GTX 1660 SUPERです。

スーパーセールのポイント還元率に惹かれてEDION楽天市場店さんで 税込み 27,860円 で購入しました。

私はフルHD60fpsで快適にプレイできたらいい人なので、GeForceのミドルレンジで無難そうなものを選ぼうと思ったんですが…選択肢多くないですか!? 1660だけで3モデルもあってすごい迷いました。

他の方のレビューやベンチ結果を見ると1660は明確に下で1660SUPERとTiはあまり変わらないらしい? それでいて価格差は3千円くらい。そして1660無印との価格差も3千円くらい(※執筆当時の最安値で比較しています)。散々悩んだ結果、コスパの良さそうなSUPERに決めました。

外観チェック

見た目にこだわる方がいるのか謎ですが、一応見た目もチェックしておきます。

デュアルファンモデルです。派手すぎずシンプルめですね。

玄人志向さんのページには裏面の写真がないのでバックプレート付きなのかわからなかったんですけど、ちゃんと付いてました(あとで見直したら販売ページに書いてありました…!反省)。映像出力端子はDisplayPort、HDMI、DVI-Dが各1ポート。端子保護用のプラスチックカバーはなくむき出しでした。

補助電源は8pinです。RX570と同じですがTDPは25Wも下がった模様。

他に入っていたのは英語のクイックマニュアルと8pinの変換ケーブルのみでした。

交換編

外観チェックはこのくらいにして、さくっと交換しちゃいましょう! 前回ドライバそのまま交換してトラブったのはメモリ半差しが原因だと思いますが、今回は念の為、先にドライバを削除してから交換することにしました。

でもその前にNVIDIAさんのサイトから最新ドライバを落としておきます。

DL先:NVIDIAドライバダウンロード

ダウンロードタイプはゲーム用であればGame Ready ドライバーでOKです。 DLしたらデスクトップにでも置いておきましょう。まだ実行しちゃだめですよ!

グラフィックドライバは普通にアンインストールしてもゴミが残ったりそれが原因で挙動がおかしくなったりするので、専用ソフトを使用して完全削除するのが定番(?)です。今回は有名なDDU(Display Driver Uninstaller)を使いました。

開発者様のサイト:Official Display Driver Uninstaller DDU Download

DDUのDLや使用方法については丁寧に解説しているサイトさんがたくさんあるので、各自検索してください。セーフモードで起動して消したいドライバを選ぶだけなので超簡単です。

再起動推奨とありますが、今回はカードの交換をしたいのでシャットダウンを選択しました。きちんと電源が切れたことを確認したら、コンセントを抜いてカードの交換です。

交換手順は…さすがにもういらないでしょう!! というわけで省略です。

写真ぶれちゃってますがこんな感じになりました。やっぱり新品はきれいでいいですね~!

背面も錆びていなくていい!…んですが、これ明らかに曲がってますよね。上のネジ穴がどう頑張っても合わなくて、なんでだろ?と思いながら下だけ止めたらこうなりました。たぶん上のネジ穴がズレてます…上とか下とかに力を加えてもケースのネジ穴に全く合う気配がないんですよ(´;ω;`)

しょうがないので上のネジは上部の切り欠き部分に通して下だけ止めてあります。つまり下しかネジ止めされていない状態なわけでが…大丈夫なんですかねこれ。 一応固定はされてるけど、結構な重さがあるのでスロットが心配です 。

まぁでもHDMIは問題なく差ささりましたし、とりあえずは様子見で!

蛇足:固すぎるフロントパネルの件

固すぎるフロントパネルは半ば諦めモードでしたが、ケース開けたついでにやってみたら! なんと、開きました!!

どうやって開けたのかも覚えていないんですけど、とにかくこれでフロントの吸気ファンを取り付けられます!

なお、取り付けたのはこちらの140mmファンです。

ScytheさんのGELIDというシリーズのファンですね。140mmのPWM制御対応のファンを探していたらドスパラさんで税抜1000円と大変お安いこちらを発見! どうせ送料かかるのでCPUクーラーと一緒に注文しました。

取り付けは初めてのゴムブッシュ式! ケース付属のネジで普通に止めてもよかったんですが、せっかくなので挑戦してみることに。

ペンチで引っ張るといいと見たのでこんな感じでやったところ、結構すんなりハマってくれました。よかったよかった(*´∀`)

起動! からのベンチマーク!

脱線はそれくらいにして、いよいよ起動のとき!いつもより時間がかかりましたが、問題なくBIOSは表示されました。

ちゃんと認識しているか確認したかったんですが、MSIさんのBIOSはまだよくわかってないのでどこから見るのかわからず断念(´-﹏-`;)とりあえず初期化だけしてOSを起動→何事もなくサインイン画面が表示されました! その後は自動でドライバが当たったりで画面がちらつくので少し待機。落ち着いたら、タスクマネージャーをチェック!

わーいちゃんと認識されてました~(*´∀`)! 一応デバイスマネージャーでも問題ないことを確認して、DLしておいたドライバをインストールしていきます。

ここからはいつもの作業なので省略。無事にインストールできたらグラボの交換は終了です!あとは動作テストを兼ねて簡単にベンチマークを回してみます。

まずは安心と信頼のファイナルファンタジーXIV(FF14)漆黒の反逆者ベンチマークから。設定はいつも通りフルHD最高設定フルスクリーンです。ネット上のスコアによると14000以上出るみたいで、まさかの2060を超えるのかと(いろいろな意味で)どきどきしていたのですが

スコア 12761 の 平均フレームレート: 93.20256 という微妙な結果に。

しかも最低フレームレート「3」です。RX570でも23出てたのに3!? スコア裏のグラフを見ると一箇所ものすごく低くなってる箇所がありますよね。途中で一度、MSIさんのドライバー管理ソフトが「システムスキャンする?」ってフルスクリーン中でも構わず通知してきたので、たぶんそのときだと思います。

スコアはメイン機のRTX2060も大分低かったんですよね。

このベンチマークはメモリ速度が結構響くみたいなので、2666メモリの限界なのかもしれません。まぁ平均93fps出ていれば普通のモニターなら十分でしょう!

続いては FINAL FANTASY XV(FF15) WINDOWS EDITION です。

フルHD、高品質、フルスクリーンでスコア 6397 、快適判定でした。

やっぱり平均スコアよりちょっと低め。でも1070超えていますし、1660Tiとも僅差なので性能的には全然問題ないですね。

一応標準でも回してみました。こちらは温度検証を兼ねていたのでモニターソフト同時起動状態。少しだけスコアが下がってるかもしれません。

で、こっちはなぜか平均よりもいいスコアでした! 単純に高設定よりも試す人が少なく平均値が低いんだと思いますが…1660TiがSUPERより低いのはさすがにおかしくないですか!?(;´Д`)

とにかく、FF15であればGTX1070以上且つ1660Tiに近い(場合によっては超える?)パフォーマンスを発揮できるとわかりました。とはいえベンチマークのスコア上の話です。本当に快適にプレイできるのか?最後に検証したいと思います!

GTX1660SUPERと3500でFF15は快適にプレイできるのか?

Experience入れたら自動で最適化してくれました。RTX2060での経験上、たぶんこれだと重いと思うんですが、とりあえずこのまま起動してみます。

NVIDIAさんの技術系が全部有効になってるので草や髪の表現がすごいですね。ですが平均fps50~55辺りと、やっぱりちょっと厳しいようです。NVIDIAさんの技術系を全部OFFにすると概ね60fpsで安定しますが、戦闘で激しく動いたり複雑な背景の場所に行くとfpsが落ちる様子。

さらにプリセットを「高」まで下げるとほぼほぼ60fpsで安定しました。

ド派手な爆発エフェクトでも57fpsに留まっています。画質も普通にきれいですね。

上の設定でのCPU使用率や各種温度はこんな感じです。

GPU温度は65度前後、最大でも70度以下と問題なし。フロントに吸気ファンを追加したことでエアフローがよくなり、熱々だったM.2SSDも少し下がった気がします。

CPU使用率は50~60%辺りで、交換前と同じくらいです。GPU性能が上がっても変わらないということは、問題なく性能を出し切れていると見ていいんでしょうか? 詳しくなくてわからないんですが…! CPUがGPUの足を引っ張っている、ということはなさそうです!

 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

まとめ

もっと色々なベンチマークを試したかったのですが、時間がなかったので今回はここまで。27,000円でこの性能はかなりコスパいいんじゃないでしょうか。正直RTX2060に1万円近く高いお金を出すくらいなら、私は迷わずこちらをおすすめします! ってくらいにはよかったです。

次回はあるかわかりませんが、録画とかインスタントリプレイとかホームストリーミングのテストとかやりたいと思ってるので、結果だけどこかで報告するかも。

と言った感じでおしまいです!

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする