【3つ目にして初めてのZen2!】Ryzen5 3500を買ってしまいました

こんばんは、しののめです! 昨日Ci-enさんでも書きましたが新型コロナ怖いですね~…私の地元周辺でも罹患した方がでたみたいで、絶賛引きこもりの毎日です。

引きこもってるとそれだけでストレスが溜まる上動画ばかり見てしまうじゃないですか。おすすめに出てくるのが自作PCとかジャンク動画ばかりじゃないですか。見ちゃうじゃないですか。私も自作したい欲に駆られるじゃないですか!

そして買ってしまったのです…Ryzen5 3500を!

言い訳はそのくらいにして。はい、買ってしまいました。2月22日の猫の日(はたぶん関係ない)に発売したばかりのZen2新メンバー!

なにげにRyzenを購入するのは3度目ですね。1つ目は私のメイン機で愛用しているRyzen7 2700X。もうひとつはこのブログ初期に出てきたDeskmini A300搭載のAPU、Ryzen5 2400Gです。どちらも2000番台なので、世代的には一つ前のものになります。

他に8750H搭載ゲーミングノートやら5300U搭載のモバイルノートもあるので、正直もうPCいらないじゃん感ありありですが…問題はこの子ですよ。

片手で持てるほど小さいのにデスクトップ用Ryzenが載る!と喜んでいたDeskmini A300です。組み立て当時はコンセント問題(※1)もあってかなりお世話になったのですが、引っ越して普通にデスクトップが使えるようになった今、残念ながら旧型PS4と一緒に卓上のオブジェと化しています。

※1)旧居は冬場の湿気がひどく、コンセントから水がドバドバと出てきたり、急にブレーカーが落ちたり、PCの電源が落ちたりが頻繁に起こってました。 電気屋さんに見てもらいましたが大規模な改修が必要とのこと。 やむを得ず別の部屋から延長するも、そこには絶対に外せない家電がつながっており、しかもそれが電力を結構消費するものだったため、余裕が200Wくらいしかありませんでした。

サブ機なんだからいざという時使えたらいいかなーと思ってそのままになっていたんですが…メイン機メモリ騒動のとき、メモリが壊れているのか検証するのに他のマシンがなくて非常に困りました。DeskminiはCPUこそデスクトップ用のものが載りますがメモリはSO-DIMM…ノートPCで使う短いタイプのものなんですよ。あとはPCIeスロットもないのでビデオカードの検証もできません。なのでパーツのテストとかするにもデスクトップがもう1台必要だなぁって先月頃から考えてました。

最初は適当に中古パーツで安く仕上げるつもりだったんですが…DDR4が使えるSkylake以降で手軽そうなi5-6400の落札相場を調べてみると8000~9000円辺り。結構高いです。それだったら新品で9400F買ったほうが絶対いいよなぁって、色々パーツを吟味していました。

そんなとき、スマホのChromeで新しいタブを開くと出てくるおすすめ記事を適当に見ていたら6C6TのRyzen5 3500が税抜14,000円台で登場!的なものを発見。値段はi5より安いのにベースクロックはこちらが高い!しかもずっと使いたかったZen2!!

これはもう…買うしかないじゃありませんか!

そんな感じで、Deskminiの後継サブマシンを組むことになりました。極力安く!がコンセプトなので、使えるものは使っていきます。

色んなショップさんで買った関係で全部揃っていないため、組み立てはまだ先なんですが、とりあえず届いたものから使うパーツのご紹介をしていきたいと思います。

パーツ紹介!

CPU

当然Ryzen5 3500です。パソコン工房さんのWEB通販で購入、税込み16,148円でした。

6コア6スレッド、ベースクロック3.6GHz、最大ブーストクロック4.1GHz、L3キャッシュ16MB、TDP65W、内蔵GPUなしの第3世代Ryzen5では下位モデルですね。2400Gや2700Xと比べると箱が薄くなってました。

2400Gが内蔵GPUありで4コア8スレッド、ベースクロック3.6GHz 、最大ブーストクロック3.9GHz、 L3キャッシュ4MB 、TDP65Wなので、シネベンチとかではどちらが上なのか気になりますね(自分で見たいのでベンチマークの結果類は見てません)。

マザーボード

マザーボードはMSIさんのB450M PRO-VDH MAXにしました。X570はオーバースペックなので安定のB450。3000readyと書いてあるからBIOSアップデートは不要そうです。これを選んだ理由は単純に安かったのと、MSIさんのマザーボードを使ってみたかったので。

値段はCPUとセット購入500円引きで、税込み7,678円でした。といっても新品8000円強くらいで買えるのでわりと安価なマザーですね。高価なもの買ってテスト中に壊れたりしても悲惨なので、このくらいがちょうどいいです。

ビジネス向けらしくM.2スロットが1、SATAが4つ、メモリスロット4つ、PCIex16スロットもひとつと最小限な感じ。私の用途的に十分ですが、メインPCにするには物足りないかもしれません。CPU電源周りのフェーズ数は6?と、こちらもちょっと頼りない気もしますが、6C6Tなのでまぁ大丈夫でしょう。

SSD

ストレージはSSDが高騰中のため、Deskminiから流用or余ってるADATAさん製の新品SATASSD240GBを使う予定…だったのですが、パソコン工房さんで色々見ていたらこちらを発見! BIOSTARさんのM.2SSDです。

PCIeGen3x4のNVMeでリードが1700MB/s、ライトが1450MB/s(512GBのモデルです。256GBはリード1850MB/s、ライト950MB/s)と、有名なものと比べると速さは劣るもののSATAよりは全然高速。しかもTLC!

でもこのSSDのすごいところは値段です。512GBが税込み7,348円、256GBが税込み4,378円。SSDがめちゃくちゃ高騰してるこの時期にこの値段!! 新商品らしくネット上にほとんど情報がなかったんですが、迷わず購入しました。今回組むPCには512GBのほうをCドライブとして搭載予定です。

で、購入後に改めて検索してみたところ、どうやらDRAMキャッシュレスらしいですねこれ。正直SSDの仕様については簡単に検索して調べた程度の知識しかないのでなんとも言えないのですが…普通に使う分には非常に安定していて高速とのレビューがあったので、それを信じてまずは使ってみたいと思います!

他、流用するパーツ

ビデオカードは以前メイン機で使っていたRX570を使います。

中古で買ったもので温度が高かったりファンがうるさかったりと若干問題はあるのですが、壊れているわけではないのでとりあえずこれでいきます。いずれGTX1660辺りに交換したいですね。

メモリもメイン機で急に認識しなくなったDDR4 2666の8GB×2を流用予定。

これで動かなかったら初期不良だと思うのでダメ元で問い合わせてみようかなと。でも私が片ラッチメモリの差し方間違ってた説濃厚なので、なんとなく動く予感があるんですよね。

あとはOSも流用というか、ライセンスを移行して運用予定です。アマゾンさんで買った正規のパッケージ版だから問題なくいける…はず!(初めてやるからちょっと不安)

流用できそうなパーツのない電源とケースは新しいものを注文しました。予算の都合でケースはメイン機と同じVersa H18ですが。

このケース、フロントパネルが硬すぎることを除けば広々していて非常に組みやすく気に入ってます。

他にはケースファンとCPUクーラーを購入済みです。正直不要かなとも思ったんですが、上位の3600は付属のクーラーじゃ結構温度高くなると見たので買いました。ただ、ケースの対応CPUクーラーが155.5mmまでなのに対して購入したのは全高154.5mmとギリギリサイズ。価格ドットコムの口コミで158mmのクーラーでもいけたという方がいたのでたぶんいけるはず…!

久々のPC組み立てにワクワクしすぎて若干変なテンションですが、今回はこのへんで終わりたいと思います! パーツが揃ったら改めて組み立て記事とかベンチマークとか上げるので、お楽しみに~。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする