自作初心者が5年ぶりにPCを組み立てて色々と苦戦した記録《2》

組み立て記録の後編です。前編がまだの方はこちらからどうぞ!(見てなくても大丈夫です)

タイトルが変わりました。Ryzen7 2700X搭載予算約9万円PCの続きです。今回は組み立て記録の前編になります~。搭載するパーツの詳細...

構成についてはこちら

着々と荷造りが終わりに向かう中 荷物を増やす大馬鹿者がいるらしい…。こんばんは、しののめです。前回ちらっと書いた通り...

前回のあらすじと異音の犯人

怠慢からろくな動作確認も行わず一通り組み終える。ドキドキしながら電源を入れるが――ビープと物理的なやばい音が響き渡り、画面にはなにも映らなかった!

すぐさま長押しで切ってコンセントからひっこ抜きました。起動しなかったことより音がやばい、かなり焦りました…。

起動しない原因を探るより、まずはあの物理的なやばい音をどうにかしないと心臓に悪すぎます。たぶんどこかの線がファンに引っかかってる音だと思うんですが…この犯人はすぐに見つかりました。

ビープスピーカーです。

とくに固定していなかったせいかすぐ上にあるビデオカードのファンに吸収されていた模様。今は外せないので、USBのケーブルに絡めておきました。

ビープの原因

次はビープ音の原因です。確認のためもう一度電源を入れてみると、やっぱり「ピー(空白)ピーピー」という音でした。検索して見つけた一覧表によると、この音は「ビデオカード、またはモニターの接続エラー」とのこと。

とりあえずビデオカードとHDMIケーブルを一度抜いて差し直しました→変化なし

次にHDMIケーブルを別のものに交換→変化なし

ビデオカードのHDMI端子が壊れている可能性を考えてDP変換コネクタを介してみました(安物モニターだからDP付かないんです…)→変化なし

最初に使ったHDMI、同じモニターにPS4を繋いで起動してみました→問題なく起動

うーんこれは…ビデオカードの初期不良を疑い始めます。やっぱ中古はだめだったかな? でも1ヶ月保証あるからショップに連絡して…と、考えを巡らせつつ対処法を求めてさらに検索。わかったんですが、マザーのメーカーさんによってビープが違うんですね。今回使っているASUSさんの場合はビデオカードではなく「メモリ・CPU・マザー」のいずれかが原因らしい。

( ゚д゚)ハッ!

真っ先に疑うはメモリだ! 目視で確認する限りは斜めになっていたりはしないしレバーもちゃんと上がってる…でもこれ片側ラッチなんですよね。レバーがない側はちゃんとささっているのかわかりにくいので、もう一度力を入れてみました。すると片方だけスッと嵌った感じが…。

まさかおまえか!! もう一度電源ON!

ピッ(正常にPOSTの音)

起動しました~!!

よかった…もうだめなんじゃないかと本気で冷や冷やしてました。

ハードウェアモニターを見ているところ。CPUとメモリ、そしてさきほどの画像ではM.2、ケースファンと、全部ちゃんと認識されていますね(M.2はフォーマット前のためN/Aになってますが起動順のところに見えてます)。

ちょっぴり気になるのはBIOSを見ているだけなのにCPUの温度が高めです。これは排気ファンがひとつしかなくエアフローがよくないためでしょう。一度電源を落として吸気ファンを取り付けたあと、一気にOSをインストールしちゃうことに!

ケースファン、M.2ヒートシンクの追加

ということで、残りのケースファンをつけます。パーツ紹介で書いたとおり、購入したのは3つで税抜き1000円という格安ファンセット。このケースには初めからついている背面の排気ファンの他、上面にひとつ、前面に120mm×3or140mm×2がつく様です。今回買ったのは120mmなので、無難に上面排気、前面吸気×2でいこうと思います。前面にファンをつける場合はフロントパネルを開く必要があるので、まずはそれを取りましょう。

しかしこれがまた固い! 30分位格闘していたんですがびくともしませんでした。これは私の力じゃ無理だなと潔く諦めて、上面のひとつだけつけておくことに。

上面はマグネットフィルターを外してネジ止めするだけなので簡単でした。この格安ファンには風の向きが書いてなかったので他のファンの羽の形を見て付けました(シールの貼ってある側から風が出るのが一般的とのこと。Thermaltakeさんのファンは逆なので注意)。

ですがここにきて重大なことに気が付きます。このマザー、ケースファン付ける場所が2つしかないんですね。分岐ケーブルを買おうかとも思ったんですが、今回購入したファンには電源から直接取るためのペリフェラルも生えています。当然フル回転になってしまうんですが、静音ファンらしいのでひとまずそっちで試してみることにしました。そもそも現時点じゃ付けられませんしね…!

ついでなのでM.2用ヒートシンクもつけました。先にない状態で温度測ればよかったんですけど、だいぶ疲れていたのでそこまで頭が回らなかったです。残念!

邪魔なのでまたビデオカードを外しました。ビデオカードってこんなに抜き差しするものでしたっけ…このあとデータ用M.2を取り付けるのでさらに外すことになるんですが、そのときではだめだったんですかね。本当あほですね…。

取り付けは簡単です。両面テープ状の放熱シート?みたいなものが一緒に入っているので、それでくっつけるだけです。

あとは結束バンドを使って配線を整えておきました。写真は裏配線側。リボンケーブルなので適当にくくりつけるだけでOK。見た目も使い勝手もめっちゃいいですねこれ。使うかもしれないSATA電源1本と未使用の補助電源は別々に、残りはひとまとめしてぶら下げておきました。

これで準備完了です! OSをインストールするため、プロダクトキーとインストールUSBを用意して電源を入れましょう!

ピー! ピーピー!

またしても鳴り響くビープ音…(´ . .̫ . `)

ファンとビデオカード以外構成いじってないのに一体なぜ…考えられるとすればビデオカードなので今日何度目かわからない抜き差しをしてもう一度トライ。

→変化なし

ファンやメモリの抜き差しも試してもだめでした。なんでだよ~、私がなにをしたんだよと心が折れそうになりながらふと背面を見る…

LANケーブルの光が消えています。

関係ないと思うんですが一応ちゃんと光るよう差しなおしてもう一度試しました。

するとなぜか起動するんですよね。半差しになってたとかでしょうか…? 原因はわかりませんが、とりあえず起動したのでよしとしよう!

OSインストール!

BIOS画面でUSBメモリを挿してブートメニューを開きます。しかしM.2SSDしか表示されない! マザー側のUSB端子に変えてもやっぱり表示されません。BIOS起動前に差してなきゃだめなんですね。

一度電源を落として、今度はUSBをセットしてからBIOSに入りました。ちゃんと認識していたので「UEFI:USBメモリ名」を選択してインストール開始です。

ちなみに、使ったのは最新ではなく「Windows 10 Version 1803」のインストールUSB。HPの中古ノート用に作ったものです。これについては次回書きますがちゃんと理由があってのことです。

ということで、無事Windows 10インストール完了です! 長かった~!!

一通りアップデード類を終え、 ドライバやユーティリティを入れます。動作は問題なさそうなのでここで一旦電源OFF。眠気に負けたのでこの日はここで終了になりました。

残りは一気に!

自作2日目。朝から助っ人が来てくれたのでフロントパネルを開けてもらいました! 

やっと前面ファンが付けられました!  上に書いた通りマザー側に空きがないのでこのふたつは電源から直で取ります。電源ランプ用ですでにペリフェラルを使っているので、それに数珠つなぎする形で配線しました。

あとはデータ用M.2もつけておきました。接続方法は同じなので割愛。それにしてもこの860EVO、超豪華な箱に入ってて驚きました。シリコンパワーさんのM.2のほうは簡易パッケージだっただけに余計に…。

最後にCPUクーラーのLEDコネクタを繋げば今度こそ! 本当に本当におしまいです! 

2700Xの性能は?

また起動しなかったらどうしようかと思いましたが今度は大丈夫でした。というか、いい加減安定してくれないとそろそろ困ります!

とりあえずSSDをフォーマットして使えるようにしました。詳しいベンチマークは次回やるんですが、簡単に結果だけお見せしたいと思います。

2400Gはエラーで結果が残せなかったため編集で追加しています

1800cb超え!? 描画が速すぎて別のものを見てるみたいでした。コアが多いのにシングルも普通に速くて優秀ですね~。

M.2(NVMe)の速度です。ライトは容量依存なのでしょうがないですね。リードは文句なしです!

こちらはSATA接続M.2。NVMeのあとじゃ遅く見えますがSATAの中ではかなり優秀な値かなと! こちらも満足です。

ちなみに心配していた温度は全然上がりません。CrystalDiscMarkをデフォルトで回しても50度ちょっとくらいでした。ヒートシンクとフル回転吸気ファンが利いているのかもしれません。

むしろSATA接続のほうが高いんですよね。アイドル状態だとこのくらいですが、負荷がかかるとどんどん上がっていきます。たぶんビデオカードの真下にあって風が遮られている上排熱がダイレクトアタックしてるせいですね。こちらにもヒートシンクをつけたほうがいいかもしれません。

冷えているといえばCPUもよく冷えています。アイドル状態は30度安定です。このときは色々やってたので上がっていますが、マザーもアイドル状態だと25度くらいです。これはもしかしなくてもファン多すぎですね。でもまぁ冷えていたほうがパーツにはいいはず! なので、夏が終わるまではフル回転のまま運用しようと思います。

おわりに

いや~、久々に自作しましたけどやっぱり楽しいですね。すごい疲れるしトラブルもあったんですが、自分でパーツから選んだPCだからすでに愛着MAXです。せっかく高性能?なデスクトップPC作ったので、新居に移ったら新しいことに挑戦したいと思っています。あとはRX570の実力も見たい! でもまずは引っ越しなので、続きは落ち着いたらですね。

それでは、長々とお付き合いありがとうございました。また次回、よかったらご覧ください~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする