【32GBで700円台】格安USBメモリはちゃんと使えるのか?検証してみた

しののめです。突然ですが、我が家にはUSBメモリがたくさんあります。

半分くらいはWindows10が入っています。回復ドライブだったりインストールメディアだったりですね。あとは仕事でデータを持ち歩くために使ったり。最近は安いので、ポンポンと買い足してるうちにどんどん増えてしまいました。

そう、最近USBメモリが異常に安いのです。もちろん、怪しいノーブランド品ではなく名のしれたメーカーさんのもの。USB3.0 or 3.1 対応の容量32GBが500~1000円ほどで大量に出回っています。

単純に値下がっただけかもしれませんが、これだけ安いとなにか裏があるのではって気になりませんか? たとえば偽物だったり速度が異常なほどに遅かったりとか。果たしてネットに溢れる格安USBは使えるのか? 手持ちのUSBメモリで検証してみました。

検証条件など

検証に使用したのはこの前購入して改造した中古ノートPCです。このPC、仕様書を読む限りふたつあるUSBポートのどちらかが3.0みたいなんですが…どっちも黒いです。しかもマウスのケーブルと干渉してうまくささらなかったので、mSATAに増設してある?USBポートを使いました。こちらも黒いんですが、3.0とのこと。CrystalDiscMarkの1GiBを2回試す設定で検証を行っています。

東芝製32GB

まずは海外パッケージ品として売っている格安USBメモリの代表格、東芝製の32GB。 中国向けの商品?らしく、パッケージが外国語です。表面に「USB3.0」の記載がないものは2.0なのでご注意ください。

私が購入した当時は1000円前後でしたが今見たら700円台ですね。東芝製を謳う格安SDカードには偽物が紛れていると以前見たので最初は興味本位だったんですが、容量ギリギリまで使っても問題なかったため偽物ではないと判断。追加で2つ購入して合計3つ、どれも問題なく使用できています。

転送速度は見事なまでの読み込み全振り型。書き込み速度が絶望的です。書き込みが遅いのは薄々気づいてました。対して読み込み速度は速め。大きいファイルや小さなファイルをたくさん書き込む用途(バックアップ用など)にはちょっと厳しいかもしれません。私みたいにWindows10を入れたい、という方にはいいと思います。安心と信頼の東芝製なのに700円台ですからね~。

シリコンパワー製32GB

つづいてこちら。シリコンパワー製の32GBです。ヘアライン仕上げのボディに透明キャップがスタイリッシュで好印象。ただしこのキャップ、微妙にさしずらく一度ではまってくれません。

格安モデルでは省かれていることの多いアクセスランプがついているのも特徴です。私はなくても困りませんが、レビューを見る限り需要はあるみたいですね。ふたつ持っていて、ひとつは去年8月頃、PS4のHDDをSSHDに交換するときに購入しました。

注文履歴を比べてみると581円も下がっていました。799円はセール価格ですが通常でも810円。去年から比べると安いですよね~。ちなみに、その後もPS4のセーブデータバックアップ用として頻繁に使用していますが壊れたりはしていません。耐久性も問題ないようです。

転送速度は東芝製の完全上位互換。シーケンシャルリードは僅差で負けていますがランダムリードはかなり優秀ですね。7200rpmの内蔵HDDが1くらいなので20倍近くも速い! 書き込み速度は遅めですが格安USBメモリはどれもこんな感じです。普段使いによさそうなUSBメモリですね。

ついでに去年買った方も測ってみました。え!?って思いますよね、遅すぎないか!? 単に新品と79%使用済みとの違いなのか、性能が変わったのか…。とりあえず安くなった分性能が落ちている、ということはなさそうです。

Transcend製 (スライド式 )32GB

トランセンド製のUSBメモリはキャップ式とスライド式のふたつがあり、お安く買えるのはこちらのスライド式。

購入時は756円(セール価格?)でしたが今見たら890円でした。今までのものと比べたらちょっと高いです。

ちなみにキャップ式の16GBも持っています。何年も前に家庭量販店で買ったもので格安品ではないんですが、これがかなり酷使しているにも関わらず未だに現役なんですよね。最近はバックアップ用ストレージもトランセンドさんのものを選んでいますが初期不良や故障は一度もありません。よく壊れやすいと目にしますが、個人的には信頼できるメーカーさんだと思っています。

という余談はさておいて、速度を見ていきましょう。

ライトがそこそこ速い分リードは控えめ。この前のノートから外したHDDと同じくらいか僅差で勝ってるので、遅いと感じることはないと思います。頻繁にファイルを書き込む使い方、バックアップ用などに良さそうなUSBメモリでした。

おまけ:トランセンド(キャップ式)16GB

せっかくなので上で書いたキャップ式のほうも測ってみました。

現在でも売っていて見た目は同じに見えます。中身(性能)は変わっている可能性があるのであまり参考にしないでください。

たぶん買ったのは3~5年くらい前?現行のモデルでは廃止されたというブルーLEDのアクセスランプがついています。外したキャップはボールペンのようにお尻側に装着可能(写真ではつけていません)。

速度はこんな感じ。スライド式もそうでしたが、トランセンド製はランダムライト (USBメモリの性質上、たぶん最も重要な値)が速い傾向にあるようですね。抜き差ししやすく気に入っているので壊れるまで頑張ってほしいです。

まとめ

格安品でも普通に使う分にはまったく問題ないことがわかりました。 速度については高級品と比べたら遅いかもしれません。けれど値段を考えてください、700~800円台ですよ。

そもそもUSBメモリは重要なデータの保存には向きません。慎重に扱っていてもある日突然データが壊れたからフォーマットしてねとかデータの消失とか起こり得ます。重要なデータは外付けHDDやクラウドに保存して、一時的な保存場所として使う…そう考えると32GBで700円台はかなりお得ではないでしょうか。

速くなくてもちゃんと動けばいい、安いと嬉しいけどノーブランド品はちょっと…そんな方におすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする